• 2009-06-28 07:25:53
  • 身近な地域性 -ご当地の味覚 編-
前回のブログ「今だから見直したい地域性とは?」でも触れましたが、食べ物の好みは年齢や育ってきた環境によって大きく影響されます。
その他にも、その地域に根付いてきた食環境が私たち個人の嗜好性に関係しています。

* * * * * *

■ 地域の嗜好性
関東と関西で味付けが違うという話は有名ですよね。
この理由のひとつには,歴史的な背景があります。
日本独自の文化が円熟していった江戸時代、徳川家康が江戸幕府を開くまでは江戸は田舎でした。
この時代、江戸の住民のほとんどは農民で、武士たちも普段は農業に従事していました。
農業のように身体を駆使するとたくさんの塩分摂取が必要になります。
こうした背景から,関東では濃い味付けとなったのではないかと考えられています。
また、対照的なのは京都や大阪。
京都は8世紀末頃から政治文化の中心地でしたし、大阪は地便性を活かした商業都市でした。
こうした土地柄から、関西の料理の味付けは自然に薄味が主流となったのだと考えられています。
その他、様々な条件によって味付けの仕方は一様だとは言えませんが、東西を比較するだけでもその土地を代表する味が受け継がれていることがわかります。

■コンビニおでんのつゆ
東西で味付けが違うことと同じように、コンビニのおでんのつゆが各地で違うのも有名な話です。
店舗によっては1年中おでんが販売されるコンビニ。
最近はますます味付けにバリエーションが増えてきたようです。
あるコンビニでは以前はおでんのつゆの味は関東、関西の味くらいでしたが、今では様々な味の地域性を出しています。
たとえば、味の地域性はこんな感じに分けられます。

□ 北海道の味…旨みが強くまろやか
□ 東北の味…香ばしさ,旨みと香りが強い
□ 関東の味…強い香り
□ 中部の味…やわらかくマイルド
□ 近畿の味…上質な旨みと家庭の味
□ 中四国の味…強い旨み,甘みとコク
□ 九州の味…甘くて濃厚な味
□ 沖縄の味…はっきりした旨みとコク

これらは地元の特産物を使用したり、だしの素材や糖度や塩分のバランスを変えたりして、その土地特有の嗜好性に合わせて味付けがされているそう。
全国展開しているコンビニですが、このような流れを見てみると、地域性を積極的に取り入れていることがわかります。
他の土地との差別化や、その地域の人に好まれる味であることが、画一的なイメージの強いコンビニに独自性や愛着を与えるきっかけになるのかもしれません。

■ コンビニの微妙な違い
コンビニの地域性は、おでんのつゆ以外にもちょっとしたところにあります。
石川県や富山県では、おにぎり風のますの寿し。
福井県では、冬でも水ようかん。
愛知県では、冷やし中華にマヨネーズとからし。
その他、思わぬところで地域性が出てしまうことも。
たとえば、店員やお客さんとのコミュニケーション、ことば使いやアクセントに地域性を感じることもあります。
これらは、自分の住んでいる場所や育った場所から離れたところでより感じることが多いと思います。
自分たちの地域性は、色々なものを体験したり比較したりした後に改めて気づくものなのでしょう。
そもそも家庭の味や地域の味は、歴史的な背景や気候や風土などが育んだ素晴らしい独自の文化の一つ。
それらを自分たちが受け継いでいるという事実に誇りを持っていたいものです。

* * * * * *

今回は、地域に根付いてきた食の再評価が、コンビニという身近な場所でもすすんで行われているのを紹介しましたが、この傾向は食環境にとどまりません。
次回は、別の地域性を取り上げてご紹介したいと思います。

おでん.jpg

みなさんからのコメントをお待ちしています。
その他のお問い合わせ・ご連絡先はこちら:blog@klei-o.com
(件名を”From Blog Reader"にして送信をしてください。)

  • 2009-06-21 19:16:11
  • 今だから見直したい地域性とは?
海に囲まれた日本列島。
豊かで厳しい自然環境に囲まれた土地は、小さな地域社会の連合体を形成し、それぞれの地域に個性豊かな文化を生み出してきました。
情報や人々が行き交う現代の社会では、地方や郷土の特徴は失われつつあります。
でも、歴史が育んだそれぞれの特有の気質は地域性とか、お国柄とか、県民性という言葉があるように、どこかで今でも生き続けているのではないでしょうか?
たとえば、物の見方や考え方、生活習慣や嗜好。
ここに一定の傾向が見られるのは、同じ地域の中で独自の文化をお互いに共有しているからです。
それらは、長い時間をかけて育ってきた私たちの財産とも言えます。
今だからこそ見直したい、地域性の大切さ。
たとえばこんなものから見つけることができます。

* * * * * *

■ 伝統工芸
江戸時代に各藩が産業振興に力を入れていたこともあって、日本各地で美術品から日用生活品まで様々な工芸品が作られてきました。
伝統工芸品には焼物、織物、和紙、硯、竹・木工芸などがありますが、それらは地域と文化に深く関わっています。
こうした品々は地域の持つ気候や水や土などの自然の条件を受け入れ、地元の素材、原材料、資本、労働力などを生かした生産が行われてきました。
人々の暮らしと伝統工芸品は密接につながり、地域の自然や日常の暮らしと一体となり継承されてきたのです。
地域独自の伝統は、地域の人々の働きによって人々のくらしを支え、豊かにしようという願いから生まれた連帯感、共通の願いなどから生み出されたものだと言われています。
今でも、それぞれの土地での年中行事・子どもの遊び、慣習、民話の中で伝承されたり、その地ならではの民芸品に表れたりしています。

■食文化
「三里四方のもの食えば病知らず」、「身土不二」ということばがあります。
どちらも、土地柄と季節に合った食べ物を食べるのが健康によいという諺です。
そして食生活にはお国柄がよく表れているもの。
米、魚、海草、野菜などの郷土の味は、その土地の気候風土や特産品が大きな影響を及ぼしています。
たとえば、海から遠く離れた内陸にあり、雪に閉ざされた厳しい風土の中で育まれた郷土食は、大豆、エゴマ、山菜、ソバなどを利用した健康食です。
また、地域によって嗜好に差も生まれています。
一概に決めつけることはできないのですが、たとえば関東より東はそば、西はうどんが好まれることもそのひとつの表れです。

■地域のことば
日本語のことば使いにも土地柄、地域差があります。
方言とは、共通語やよその地域のことばにはない、その地域独特の言い方。
地域によることばの違いである方言は、この半世紀で大きく変わったと言えます。
最大の変化は、何と言っても標準語と呼ばれる共通語の浸透です。
ことばからは方言的な特徴が薄れつつありますが、思いがけなく微妙なニュアンスの違いを人々の日常的な会話やテレビのインタビューから感じることもあるかと思います。

* * * * * *

その土地ならではの独特の自然や歴史が私たちの生活を作ってきました。
それぞれの地域性には固有の美しさがあり、価値があります。
それらを認め合い、育て合うことが、私たち自身をかけがえのない存在に高めていくことになるのではないでしょうか。

伝統工芸品.jpg

みなさんからのコメントをお待ちしています。
その他のお問い合わせ・ご連絡先はこちら:blog@klei-o.com
(件名を”From Blog Reader"にして送信をしてください。)

  • 2009-06-14 09:30:51
  • ご当地のおもてなし
その旅館は、街の賑やかさからは離れたところにあります。
農作物の栽培が盛んで漁港も近い土地で,いわゆる都市の活気とは違う、「田舎」の風景の中にあります。
今回のブログは、心地よい田舎のご当地のおもてなしについてのレポートです。

* * * * * *

車が通れるか通れないかというくらいの細い道を抜けると、建物昭和元年創業の落ち着いたたたずまいが姿を見せます。
そこは伝統と格式というよりかは、ほっとできる家のような空間。
初めてなのに、ただいまと言いたくなるような懐かしさがあります。
黒電話、洗面台、箪笥、振り子時計…昭和初期の調度品と現代のインテリアがうまく組み合わされた場所は、頭の中の「田舎」を壊さずに具現化しているような空間でした。

館内には至る所に「田舎」を強調した案内があります。
“田舎で何もありませんが。どうぞごゆっくりおくつろぎください”
そこから。田舎だからこそできるくつろぎを思い切り楽しんでもらおうというようなメッセージが伝わってきます。

板張りの館内には、スリッパは用意されていません。
裸足になって木のぬくもりをお楽しみください、ということでした。

きれいな地下水を使ったお風呂は、足湯、家族風呂、大浴場と色々あってお風呂めぐりをするのも楽しみです。

地元で獲れる食材や地酒、オリジナルのお菓子、夜食のお届けもの。
地元の食材をふんだんに取り入れた、手作りでここでしか味わえないものばかりです。

部屋を出て、館内でくつろぎたくなるような配慮も随所に施されています。
玄関にほど近いラウンジ、湯上がり後の休憩場、そして大きな縁側。
ここには足湯や無料の飲み物サービスがあるので、自然と人が集ってきます。
たとえ部屋にいても、そうした内と外のつながりは、館内の音、人の声、太陽の光の変化、お料理の香りなどを通して、障子越しに感じることができます。
穏やかな陽気の下、のんびりした時間を宿泊者たちが共有するというのは不思議な心地良さです。
時間がゆっくり流れるのを楽しむことは、「田舎」が与えてくれる、とても贅沢な過ごし方だと実感します。

館内には看板猫がうろうろ。
この季節,日中は大輪の紫陽花が咲いています。
夜には館内の中庭にゲンジボタルが飛び交います。
建物にも、お風呂にも、お料理にも、猫に至るまで、それぞれのストーリーを持っています。
実は、その旅館はある映画の撮影現場にもなったのだとか。

ここでは、こうした理想的な田舎の良さを活かし切っていることが印象的でした。
それは、何もない、虫が多いという文句を、くつろげる、ほっとする、虫や自然の宝庫という魅力に変えてしまうという力を持っていました。
やがて様々なおもてなしの心に気づき、田舎ならではの楽しみ方を味わうことができるのでしょう。
ご当地のおもてなしの魅力は、きっと個性的なストーリーの数々に巡り会えること。
私たちの理想的な田舎のイメージを具現化しつつ、一人一人のペースに合わせたサービスを施してくれたり、小さなお土産を渡してくれたり….
どれもオリジナルでマニュアル通りではないおもてなしが私たちの心を温めるのでしょう。
自分とその空間をつなぐ関係性が、たくさんの独自のストーリーによって強く結びつくほど、ご当地ならではの心地よい感動が生まれるのかもしれません。

また、ただいま、と帰りたくなるような、温かな気持ちをお土産にもらったようなご当地の体験でした。

2階.jpg

みなさんからのコメントをお待ちしています。
その他のお問い合わせ・ご連絡先はこちら:blog@klei-o.com
(件名を”From Blog Reader"にして送信をしてください。)


  • 2009-06-08 09:10:33
  • ご当地のタネ
雨の合間にときおり見せる快晴.
そんなときには思い切って「ご当地」へお出かけしてみてはいかが?

* * * * * *

■ ご当地体験の魅力
ご当地グルメ,ご当地グッズ…
今ではご当地でしか手に入らないものも,必要なときに自宅までお取り寄せができるようになりました.
でも,その場所でしか体験できないものもあるはず.
たとえば,特定の名物を探しに行く途中でも,その場所にある空気感,温度,匂い,音,時間,人,街並み,自然などを感じるでしょう.
実際に訪れると,期待するお目当てのものがあるとしても,それ以外に思いがけない体験や新しい発見をすることが少なくありませんし,同じ場所に再び行ったとしても,まったく同じ経験ができるとは限りません.
それは,いつもと違う場所にいることが私たちに緊張感を与えるから.
そのためにより高感度なアンテナが心に張られて,周辺のちょっとしたことでも気づきやすくなります.
たとえ高価でなくても,距離が遠くなくても,いつもの行動範囲や行動パターンをすこし変えるだけで,そういう気持ちになれるものです.
ご当地体験の期待と緊張の入り交じった心の高まりが,私たちを非日常へと連れて行ってくれるのでしょう.

■ ご当地のタネ
さて,ご当地というとどんな場所を思い浮かべるでしょうか?
特定の歴史,特産物,自然,人,美術品,インフラ,歌などがユニークである場所を思いつくことが多いかと思います.
歴史的価値が高い建造物や,絶大な人気を持つゆるキャラで有名な街もありますよね.
こんなふうに昔からあるものを上手に活かしたり,新しいものを名物として作り上げたりして知名度を挙げている街はたくさんあります.
それでは,あなたの街は?
ついつい自分の身の回りを中心に考えてしまって,他の土地の人から見れば,自分たちの土地もご当地なのだ,ということに気づくことはなかなかないのかもしれません.
また,特定の物があっても,ステレオタイプ的にあまりにも強い結びつきができあがってしまっていると,他の魅力に気づきにくくなることもあるでしょう.
ご当地と聞くと,何か観光地のような感じもしますが,要するにその場所が魅力的かどうか,ということ.
考えてみれば,どんな場所にでも,自分たちの住んでいる街にも何かご当地のタネがあるのではないでしょうか.
ご当地とは,「ご」をつけて他の土地の人が別の土地に敬意を表したことば.
あなただけの魅力を知れば,もっと自分の街が好きになるかもしれません.

■ 当たり前の魅力も
自分の街の良さは考え方を少し変えてみるといいかいいのかも.
たとえば,ある街では自分たちの住んでいる場所を「隠れ家的」,「ガーデンシティ」,「虫の宝庫」なんていうふうに呼んでいます.
道が細くて通りづらいとか,田舎町とか,虫がたくさん出るとか,そういうことかもしれませんが,他の視点に立てば別の考え方もできるもの.
ご当地のタネは,そんな隙間に埋まっていることもあります.
昔からあるものを上手に活かしたり,新しいものを名物に作り上げたりするのと同じように,当たり前のことに気づくことも,魅力を生み出すカギになるのでしょう.
最近のニュースで「夕焼け」が観光資源になっている街が取り上げられていましたが,ある特定の土地の歴史や文化などがあるかということと同じように,たくさんの人を惹き付ける魅力的なストーリーがあるかどうかで,ご当地が心に育つのではないでしょうか!

たんぼ.jpg

みなさんからのコメントをお待ちしています.
その他のお問い合わせ・ご連絡先はこちら:blog@klei-o.com
(件名を”From Blog Reader"にして送信をしてください,)

  • 2009-05-31 07:34:01
  • 梅雨がやってくる!
6月に入り、梅雨入りももう間近。
毎日のようにお天気のゆくえが気になる今日この頃です。
最近はいつでも手軽にお天気の情報を手に入れられるようになりましたが、昔は外の様子の変化を感じ取って、雨がやってくるのを察知していました。雨の気配に敏感になることは、いざというとき役に立つかも!?
今回はそんな雨の気配のお話です。

* * * * * *

■気配を感じること
気配という言葉は、漠然と感じる物事や、何となく感じる雰囲気、空気のことを指します。
目に見える具体的なものというより、音やにおい、触り心地などから感じられる感覚のまとまりのことを意味します。
さらにはちょっとした言葉遣いや立ち振る舞いなどから受ける、人の品格のようなものも気配に含まれます。
他の人とうまくつきあっていくために、「空気を読む」ことは今も日本人にとって大きな関心事のひとつでしょう。
空気を読むことも、目に見えなくても全体的に漂う何かを感じ取ること。
実は,私たちは充分すぎるほど気配を感じる力を持っているのです。
お天気にだって、敏感にちょっとした変化に気づくことができるはず。
ただ、知りたいときに天気予報はお天気を教えてくれるので、わざわざ気配を感じる必要がないだけなのでしょう。
でも、本当はこんなところから雨がやってくるのを感じ取ってはいませんか?

■雨の匂い
雨がやってくるときにわき上がる、もわ〜とした匂い。
私たちが感じる雨の匂いはジオスミンと呼ばれる物質が関係しているようです。
ジオスミンは“大地の匂い”。
いわゆるカビ臭の原因物質です。
土壌中のバクテリア、水中の菌類などによって作られるものです。
私たちは、ジオスミンの匂いにとても敏感で、少しの量でもカビ臭を嗅ぎ分けることができます。
たとえ大きな公園や庭がなくても、ちょっとした自然さえあれば都会でも雨の匂いは感じられるのです。
どうやら、好きな人と嫌いな人とに分かれるようですが、自然をふっと思い出させてくれる不思議な匂いですよね。

■心身のサイン
雨がやってくるとき、いつもと調子が変わる人も少なくないのではないでしょうか。
体が重くなる、関節が痛む、下半身がむくむ、湿気で髪型が決まりにくい、憂鬱など…
雨によって心身に様々な不調が引き起されることが多くあります。
雨がやってくるときは、低気圧状態だったり、湿度が高かったり、昼間の気温が低かったり、どんよりとして全体的に暗いですよね。
体調の変化や気分の落ち込みはこれらが関係していると言われています。
雨が嫌いだという人は、こうした心身の不調を伴うからかもしれませんが、これも雨がやってくるときの大きなサイン。
こんなときは除湿を心がけ、できるだけリラックスに努めて、体を冷やさないようにしましょう。
雨が上がれば、爽やかな空気を吸えますから。

■お天気に関する言い伝え
日本にはお天気に関する言い伝えが各地に残っています。
たとえば、
□ アリが穴をふさぐと雨
□ カラスの帰りがおそいと翌日は雨
□ ツバメやスズメが低く飛ぶと雨
□ ネコが耳まで顔を洗うと雨
□ 変な虫が出ると雨
□ ミミズが道にでると雨
など…
これらはその土地で暮らしてきた人々の、長年の経験に基づいたものです。
生物の様子が変わると天気もやがて変わる。
信憑性はさておき、環境の変化を敏感に感じながら上手に生活してきた昔の人の知恵に教えられることが多いような気がします。

* * * * * *

雨の予報を事前に知らせてくれる、便利な傘も販売されている現代。
雨が降ることは、あらゆる方法で誰にでも知らされる時代になりましたが、あえて
そういう情報には頼らず、自分の感じる力を信じ、“気配”を感じて日々過ごしてみると、いつもと違う積極的な梅雨の楽しみ方もできるかもしれません。
 
雨と傘.jpg

みなさんからのコメントをお待ちしています。
その他のお問い合わせ・ご連絡先はこちら:blog@klei-o.com
(件名を”From Blog Reader"にして送信をしてください。)


1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17
CALENDAR
<< October 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031
SEARCH
ARCHIVES
OTHERS

powered by チカッパ!ブログ