• 2009-12-21 22:28:07
  • 感覚を遊ぶ –こころとは 編-
私たちが嬉しいとか、悲しいと感じるのはなぜでしょうか?
それは人間が「こころ」を持っているからだと言われます。
こころは人間らしい生活を営むために不可欠なものです。
それではこころとは何でしょうか?
それは、情緒的なものだけでなく、感覚や、考えるとかおぼえるというような知的な機能とともに成り立っているものです。

* * * * * *

たとえば、子どもの頃に訪れた場所に再び訪れて「なつかしいなぁ」と感じることがあるのではないでしょうか。
そんなとき私たちはその場所を眺めてその場所を認識しています。
そしてその場所が記憶のどこかにしまわれている、子どもの頃に訪れた場所とほぼ同じだと認めると「なつかしいなぁ」と感じるのです。

このとき感覚は、たとえば視覚を使って場所の認識をしています。
そして記憶という機能を使って過去に見た場所との照合作業をしています。

もっといえば、「そこに行こう」と決めた時点で、私たちはすでに記憶の世界に入り込んでいるのかもしれません。

私たちが嬉しい、悲しいなどと感じたり、考えたりおぼえたりということは、多くの場合、外の世界を知ることからはじまります。
外の世界とは、周囲の景色や人の顔、音楽などさまざまなものがあります。
さらに手触り(触覚)、味(味覚)、匂い(嗅覚)といった感覚も世界を知るのに必要な要素です。
そうした世界を理解し、認識されたものに対してさまざまな推論や思考をフル回転させ、判断する必要があります。
こうした認識のプロセスでは、さまざまな記憶のはたらきを総動員させることが必要です。

こうした外界の認識からの行動への一連の流れは、一種の情報処理の流れとしてとらえることができます。
この流れの中にはさまざまな機能の要素が含まれています。
視覚、聴覚といった感覚の機能、言語的な機能、記憶の機能、さらにそうしたものを統合していく推論、思考の機能、そして行動を起こすための運動制御のはたらきが含まれています。
私たちの心のはたらきは、さまざまな要素からなる、一連の情報処理だと言えます。

* * * * * *

私たちの感覚も、こころにつながる重要な要素。
他にも、こころとつながる重要な要素があります。
次回は、それらがこころがどのようにつながっているのかもう少し見ていきたいと思います!

なつかしさ.png

みなさんからのコメントをお待ちしています。
その他のお問い合わせ・ご連絡先はこちら:blog@klei-o.com
(件名を”From Blog Reader"にして送信をしてください。)

  • 2009-12-13 23:56:01
  • 感覚を遊ぶ –色と音楽 編-
これまで様々なものを、五感を自由に使いこなし、さらに豊かな体験を味わうことを魅力をお伝えしてきました。
今回は、色(視覚)と音楽(聴覚)のつながりについてお話したいと思います。

* * * * * *

■色と音楽のつながり
色と音楽の関係は、古くはギリシア時代の哲学者アリストテレスから語っています。
アリストテレスによれば、「色は光と闇、白と黒の混合によって生じる」ということになっています。
白と黒の、目には見えないくらい小さな粒が重なったりして色が生まれるとし、そのときの白と黒の量が、琴が美しい音を出すときの弦の長さの比のような数値であれば、それは美しい色となることを述べています。
白と黒との対置は、あのニュートンも考えていたようです。
ニュートンは音階の8音1オクターブにプリズムの7色を当てはめて色と音楽を結びつけていました。
たとえば、赤、橙、黄、緑、青、藍、菫がD、E、F、G、A、B、Cの各色に割り当てられています。(図参照)
ここではそれぞれの色が等分割されていませんが、それは音の幅そのものがもともと等分割されていないためです。
ニュートンが使ったものは「ドリア施法」というギリシア時代からの1オクターブですが、それによると半音の部分が対照となり、橙と菫の面積が狭まっているのです。

■色と音楽の世界とは
画家であり、詩と戯曲にも才能を発揮したカンディンスキーは、「抽象芸術論」の中でこんなことを言っています。
・黄はしだいに高く吹きならされるトランペットの音色
・ 紫みの赤は、情熱を帯びた中音から低音のチェロの音色
・ 暗い青はチェロ、その濃さと深みがましてくるとコントラバスの音色ににてくる。要するに、深みと荘厳さのある点では青の響きには、パイプオルガンの低音部がもつ音色に比較できる
・ 白は精神的に無音、休止

他にも、詩人のアルチュール・ランボーも、ずばり「母音」という作品の中で、母音のaは黒、eは白、Iは赤、o青、uは緑と、色と母音との世界をうたっています。

アレクサンダー・スクリアビン(1915)は、自分の作曲した「プロメテウス」にリューチェというカラー・オルガンパートをつけ、Cは赤、Gは橙、Dは黄、Aは緑、Eは明るい青、Fisに青、Desに紫、As菫、Esメタリックな鉄色、Fに赤をつけて1950年代にモスクワとパリで演奏しました。
どうやら当時はあまり評判のよいものではなかったそうですが…。

こんなふうに、色と音楽についての関係性は枚挙にいとまがないほど!
では、実際に色と音楽は誰もが感じるものなのでしょうか?
音楽心理学では、音の高低は色の明度と関係があり、これは一般的な共感覚性と言って良いようです。
また、音の鋭さは色の彩度と関係があるようです。

■あなただけの世界を
こうした共感覚性はあくまでも個人の問題であり、何が正しい、間違っている、というものではありません。
でも、色と音楽につながりを見出すことは、日常生活にちょっぴりワクワク感をもたらすことになるかもしれません。
たとえば、誰か大切な人をおもてなしするとき、音楽に感じる色と、その日に着る洋服や、インテリアや小物の色との関係を意識してみる…、音楽とお料理の色について気をつかってみる…など、そうした目に見えない部分にも、ユーモアと想像力をめぐらせてみてはいかがでしょうか?
ささいなことかもしれませんが、そこはあなただけのストーリーが生まれた空間。
もしかしたらいつもより一層素敵な時間が過ごせそうですね!

カラーサークル.png

みなさんからのコメントをお待ちしています。
その他のお問い合わせ・ご連絡先はこちら:blog@klei-o.com
(件名を”From Blog Reader"にして送信をしてください。)


  • 2009-12-06 23:37:02
  • シアワセを味わうお菓子の世界 -成長するお菓子!? シュトレン 編-
ドイツではクリスマスと言えば、シュトレンと言えるほど一般的な食べ物。
シュトレンはブランデーやラム酒などに浸けておいたドライフルーツやナッツを、たっぷりのバターと一緒に練りこんで焼いた細長いお菓子です。
もともとザクセン州の州都、ドレスデンの郷土のお菓子でしたが、今ではドイツを代表するお菓子として、クリスマス時期になるとドイツ中のケーキ屋さんやパン屋さんで焼かれています。

* * * * * *

■ドイツのクリスマスケーキ シュトレン
クリスマスを待つ4週間の期間である、アドヴェントの各週末に、イエス・キリストの生誕の日が近づいてくるというお祝いをしますが、そのときに欠かせないのがこのシュトレンです。
各家々や地方によっても違うのですが、クリスマス時期に会合や集まり、来客などがあるとシュトレンを少しずつ切ってみんなで食べます。
この習慣は、高価な材料があまり手に入らず、クリスマスという特別な時にだけ食べられる貴重なお菓子だった頃から続いているそう。

シュトレンとは、もともと坑道や地下道の意味で、トンネルの形に似ているからこの名がついたと言われています。
また、真っ白でふかふかの粉砂糖に覆われた外観は、幼子イエスを包む産着に見立てられることも多いようです。
見た目はとても素朴ですが、どっしりとした存在感のある味わいは、やみつきになってしまうほどです。

■シュトレンの種類
日本ではパンのようなパサパサしたシュトレンをよく見かけますが、シュトレンと一口に言ってもたくさんの種類があり、材料の配合や調理の手順などで味も食感もまったく違います。
家庭ごと、お店ごとにそれぞれの美味しいシュトレンがあるのです。
しかもドイツの伝統的なお菓子だけあって、その分量や呼称に法律で決められているほど!

たとえば、一般的に呼ばれている名称の基本のシュトレンは、「クリストシュトレン(Christstollen)」と呼ばれます。
これは小麦粉100%に対し、バター(82%以上のバター) が最低30-50%の分量含まれているもの、または、純正バター(バター100%)が最低24.6%、マーガリンでは30.75%の脂肪分が含まれているもの、と食品法で規定されているのです。
乾燥物の分量は小麦粉100%に対し、最低60%は含まれていなければいけません。
これに満たないものは、シュトレンと名付けることができないのです。
他にも、「ドレスナーシュトレン(Dresdner Stollen)」は、ドレスデンで作られたシュトレンのみに許された呼び名。
ドレスデン以外で作られたシュトレンで、この総称を使いたい場合は、ドレスナー種のシュトレン(Stollen nach Dresdner Art)と呼ばれます。

わずかな質の違いにもこだわり、名前を大事にすることから、ドイツの人々がシュトレンをいかに大事にしているかが、かいま見れる気がしますね。

■成長する!?お菓子
パンがおいしいのはなんと言っても焼きたてで、時間がたつほどパサパサして味が落ちてしまいます。
一方、シュトレンはとても日持ちがし、常温で3ヶ月ぐらい持つものもあります。
もともと焼き上げてから、数週間~数ヶ月の「熟成」を経て食べるように作られているのがシュトレンの特徴。

バターや砂糖のたくさん入ったパウンドケーキなども、作った当日より数日たった方が熟成されて、触感や風味も良くなり、ずっとおいしくなりますよね。
これは、卵や砂糖には水分を抱え込むという作用があるからなのです。

温度変化の少ない低温の場所で静かにゆっくりと熟成させることにより、舌触り、風味、色などもぐんとよくなります。
適度な湿度、温度、時間。
この3条件を満たしてはじめて、よい熟成となるのです。
言ってみれば、シュトレンはおいしく成長するお菓子。
砂糖の甘味の浸透に加え、洋酒の浸透で甘味自体がまろやかになっていき、生地とスパイスやレーズンなどの材料の風味とがゆっくりと一体化して、ますますおいしくなっていくのです。

日々成長していくシュトレンの味わいが最高潮に達したとき、1年で一番盛り上がるクリスマスを迎えるなんて、ちょっと素敵な習慣だと思いませんか?

■あたたかなクリスマスを!
ドイツのクリスマスは、寒さは厳しいですが、どこか素朴であたたか。
それは食べ物にも言えそうです。
シュトレンと同じくクリスマスに欠かせないが、グリューワイン。
グリューワインとは、ワインにスパイスやオレンジ(場合によってはレモン)、砂糖を入れ、温めて飲むワインですが、シュトレンとの相性もぴったりです。
お互いにスパイスをたっぷり使っていることもありますが、発酵や熟成といった作り方もよく似ています。
それにどちらも「子ども」のように成長し、とても手間がかかる食べ物。

作業をていねいにこなす職人の親心のような思いを感じながら、ひと切れ、ひと口ずつ大切にいただきたいものです。
(ただし、甘いグリューワインと砂糖やバターたっぷりのシュトレンの組み合せは超高カロリー。食べすぎにはご注意!)

* * * * * *

凍てつく冬には、人々が集い、寄り添って温かいものを囲む。
冬の寒さにも感謝したくなるような、そんなあたたかなクリスマスをシュトレンと過ごしてみてはいかがでしょうか?

シュトレン1.png

---第3回 五感サロン Salon des muses Tokyo 終了しました!---
12月5日(土)に行われましたSMTは無事に終了いたしました。
ヨーロッパのクリスマス気分をサロンの中で少しでも感じていただけたでしょうか?
ご来場いただきましたみなさま、どうもありがとうございました!

みなさんからのコメントをお待ちしています。
その他のお問い合わせ・ご連絡先はこちら:blog@klei-o.com
(件名を”From Blog Reader"にして送信をしてください。)




  • 2009-11-29 23:32:06
  • シアワセを味わうお菓子の世界 –ほっこり葛湯 編-
12月も間近に迫った今日この頃…
この季節は空気が乾燥し、手足も冷たくなりがち。
なんとなく体調をこわしそうな日が続いていませんか。
そんな日は、ほっこり葛湯(くずゆ)はいかがですか?

葛湯とは、葛を使った飲み物。
砂糖やハチミツなどを添えて、お湯で溶かしていただきます。
とろんとして、じんわりとあたたかい。
冬に食べると、寒さを忘れるようです。

葛湯の原料である葛粉は、風邪のひきはじめに効く葛根湯と同じ原料。
お菓子である葛湯は風邪薬ではありませんが、美味しいものはじんわりと心に効いていくようです。

* * * * * *

■ 葛とは
葛(くず)はマメ科の植物で、山々や野に群生しています。
根からは葛粉(くずこ)が採れ、和菓子の材料になります。

スーパーなどで見かける葛は、さつま芋などのでんぷんを主な原料としていることが多く、こちらは並葛といいます。
葛根から取れるでんぷんを100%使ったものを、本葛といいます。
食べればふくらみを持ったほのかな甘さがあるのが特徴です。

葛は昔から体を温め、ひき始めの風邪に効く健康食品として注目されてきました。
その他にも発汗、解熱、緊張を和らげ、女性ホルモンに似たイソフラボンが骨粗しょう症や更年期障害などに効くと言われています。
歴史を遡ると、なんと縄文時代からその効果が知られていたようです。
また、水戸黄門こと、水戸光圀監修で作られた「救民妙薬」という本に紹介されています。

■ 手間暇かけた葛作り
世界遺産である、奈良県吉野。
もともと、葛という名前も奈良県南部吉野郡の国栖(くず)という地名から出来たもの。
そこで作られる葛は、吉野本葛と呼ばれ、最高級品として知られています。

本物の葛には、気の遠くなるような、職人たちの根気のいる作業が注ぎ込まれています。

作業の最盛期を迎えるのは冬場。
吉野山の冷え込みは厳しく、身を切るような寒さに耐えながらの作業が行われます。

凍てつく冬の寒さの中、良質の澱粉を取るために人がやっと歩ける位の山奥に入り、地中深く生えている根を掘り起こします。
次に、葛からとった根を叩き、寒水に晒してゴミや灰汁を流します。
これを褐色の葛が真っ白になるまで幾度も洗い直します。
そして一ヶ月以上も自然乾燥をさせるのです。

採った量に対して、葛粉になるのはごく僅かです。
1kgの葛根から最終製品としてできあがる葛粉は、およそ100gのみ。
でも、当地の冬の地下水で葛を精製する工程(吉野晒し)を経て出来上がった本物の吉野本葛は、工程中に雑菌の繁殖などがなく安定した良質な葛粉になります。
それは白い金とも言われるほど!

現在では根を掘る人も、良質の葛根が掘れる山も少なくなってきています。
そのため江戸時代では澱粉の主流であった葛粉も、今では高価なものとして扱われています。

吉野ならではの冬の厳しい気候や冷たい水、伝統の技で作るからこその吉野本葛。
葛をいただけることに感謝したいものです。

■冬を楽しむ葛
葛湯は冬にぴったりの飲み物。
昔から人々に愛され、紀貫之など多くの文人・俳歌人に歌われてきました。
今でも俳句の中には12月の季語として「葛湯」があります。

一握の雪を溶かして葛湯かな       長谷川 櫂
葛湯掻く母の手元を見る夜かな      八木 美津江
あはあはと吹けば片寄る葛湯かな     大野 林火 

うすめても花の匂の葛湯かな       渡辺 水巴 

夕空の美しかりし葛湯かな        上田 五千石

柔らかいぬくもり、じんわりとした優しさ、ほんのりとした芳香、ゆっくりとした時間の流れ…葛湯のまろやかなとろみや風味が、私たちを何とも言えないあたたかな想像の世界に連れて行ってくれるのでしょう。
どれも外が寒い季節だからこそ、実感できるひとつのシアワセの形なのかもしれませんね。

* * * * * *

寒い夜にほっこり葛湯はいかがですか?

葛湯.png

---第3回 五感サロン Salon des muses Tokyo 開催決定!---

12月5日(土)開催します!
今年最後のSMTは、冬を楽しむお菓子とお酒の会!
詳細はこちら....
五感サロン Salon des Muses Tokyo
冬を楽しむヨーロッパの伝統菓子とお酒の饗宴

みなさんからのコメントをお待ちしています。
その他のお問い合わせ・ご連絡先はこちら:blog@klei-o.com
(件名を”From Blog Reader"にして送信をしてください。)

  • 2009-11-26 23:16:37
  • シアワセを味わうお菓子の世界 -クリスマスケーキと色 編-
先週までコーヒー文化を歩いてきましたが、コーヒーに欠かせないのがあまーいお菓子。
今回からはシアワセ気分になれるスウィーツにまつわるお話をしていきたいと思います。
今週は、もうすぐやってくるクリスマス…ということで、クリスマスケーキの話題です!

* * * * * *

約1ヶ月後に控えたクリスマス。
デパートのスウィーツコーナーなどは一足先にクリスマスムードで彩られています。

クリスマスは、キリストの降誕記念日のことで、300年頃ローマ教皇が12月25日と決めたとされています。

クリスマスには、クリスマスを象徴するとくべつな色があります。
赤、緑、白、金、銀の5色。
これらの色は、本来はキリスト教の思想に繋がっています。

赤は、尊い愛。
キリストが十字架に架けられたときに流した血の色で、何よりも尊いとされることに由来しています。

緑は、永遠の命。
一年中緑を保つ、常緑樹の色で、キリスト教の教えが時代を超えて永遠に受け継がれて欲しいという願いが込められています。

白は、神の色、潔い心。
キリストが誕生した日の雪の降る様子を表しています。

金と銀は、豊かな輝き。
キリストが生まれたとき、羊飼いや哲学者が金銀の財宝を持って現れたことの象徴です。

それとは別に、サンタクロースの色として知られている、赤。
サンタクロースはもともと4世紀に活躍していたトルコの聖ニコラスという司教に由来しています。
人々はニコラスを、司教服にちなんだ赤い服と赤いずきん、長靴ばきのおじいさん、いわゆるサンタクロースとして親しんできました。

さて、クリスマスにケーキを食べる習慣は世界各地であり、
それぞれの文化に合った様々なクリスマスケーキがあります。
私たち日本人の多くが真っ先に思い浮かべるのは、丸型のスポンジケーキのショートケーキではないでしょうか。

イチゴの、赤。
抹茶やピスタチオの、緑。
生クリームや粉糖、ホワイトチョコレートの、白。
金箔やアラザンの、金銀…。

日本のクリスマスケーキは、赤、緑、白、金、銀でできたクリスマスの色がぎゅっと詰まっていますよね。
私たちは「クリスマス」を色で象徴化しているのでしょう。

クリスマスカラーの象徴は、キリスト教の思想というよりも、クリスマスに抱く私たちの素直な期待や希望が表現されているようで、とても興味深いものです。


さらに見渡せば様々に輝くイルミネーションやお店のバナー、季節の植栽などで街全体も「デコレーション」されています。

クリスマスケーキと、街並み。

スケールは全く違いますが、共通の現象が表現されています。
クリスマスでは、その時期だけのとくべつな気分を楽しみたいもの。
それは自分で意識していたり、どこからともなく漂ってくるようなものだったりします。
クリスマスカラーの意味は文化によって様々にありますが、そうした季節感やとくべつ感を、色を使ってやんわりと作り上げている共通点はおもしろいですね。

クリスマスケーキ.png

---第3回 五感サロン Salon des muses Tokyo 開催決定!---

12月5日(土)開催します!
今年最後のSMTは、冬を楽しむお菓子とお酒の会!
詳細はこちら....
五感サロン Salon des Muses Tokyo
冬を楽しむヨーロッパの伝統菓子とお酒の饗宴

みなさんからのコメントをお待ちしています。
その他のお問い合わせ・ご連絡先はこちら:blog@klei-o.com
(件名を”From Blog Reader"にして送信をしてください。)

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17
CALENDAR
<< August 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031
SEARCH
ARCHIVES
OTHERS

powered by チカッパ!ブログ