• 2008-09-30 23:59:10
  • 公共交通のデザイン
公共交通のデザイン
〜副都心線 渋谷駅 予感の設計〜

秋も本番になり、日中は外の空気に触れるのが気持ちいい時期になってきました。

最近は、街を歩くとバスや地下鉄、ベロタクシーや自転車など様々な公共交通が、より一層注目を集めるようになってきました。
一つは、できるだけ環境負荷を少なくしようという世の中の動きが、公共交通の利用促進の追い風となっていることが挙げられるようですが、それだけではないような感じがします。

バスや地下鉄といった公共交通にとって重要なこととは、誰にとっても安全で、便利で、簡単に利用できることが挙げられると考えられます。
でもさらに、そこに楽しそうなことに対する「予感」のようなものが加わるといいのでしょうね。
例えば、駅は視認性、誘目性、可読性、識別性に配慮して設計されています。つまり、誰でも簡単に理解できて、遠くからでも見やすいものであるように考えられていますが、それを踏まえた上で、魅力的なものに設計されていると、今度は感覚にうったえて「見たい」とか「知りたい」という気持ちにさせられるのでしょう。


そんな気分にさせてくれる公共交通はまだまだ少ないのですが、安藤忠雄氏によって設計され、今年の6月に開業した副都心線の駅は、そうしたことも含めてデザインされていることが見て取れます。


渋谷.jpg
これは渋谷駅 コンコースからホームを見下ろしている写真。

渋谷2.jpg
エントランス部の「卵の殻」。
反対側がエスカレーターへの出入り口になっています。乗り物や生き物の正面(顔)をイメージさせるモニュメントのようにも見えます。

渋谷3.jpg
ホームの壁。
金属のパネルが、蛍光灯の光を無機質に反射しています。

渋谷4.jpg
こちらはホームの天井。
無彩色と規則的な図形の連続性が、眼前に控えている「未来」を彷彿させます。

渋谷5.jpg
渋谷駅のサイン。
周辺のパネルの色は、他の素材と同様にグレー系の無彩色です。

渋谷駅は、「地宙船」をコンセプトにして設計されています。
「地宙船」とは地中に埋まっている宇宙船を示す造語だと解釈できます。
そして「地宙船」である卵形は、地域の中の駅、また循環型社会への中心的存在ということが意味されています。
たとえば、それは機械による換気に頼らない自然換気を用いることで、世界的課題の一つであるCO2排出量削減を実現していることからもうかがえます。
また、副都心線を示すブラウンや、点字ブロックの黄色などの色を除いて、
渋谷駅はほとんど無彩色で統一され、つまり色が「ない」状態です。
それは安全に関わる目立ちやすさを除き、一見すると地味だと感じるかもしれません。
しかしその代わり、色を感じさせない分だけ、ひとたび注意してみると素材や形に関心が向かいます。素材の色だけでなく、蛍光灯や太陽光などによる白と黒、明と暗のコントラストがくっきりと浮かび上がっています。
それらの細部にわたる微妙な違いを感じることができる空間だということは、とくにそこを日常的に利用する人々にとって、小さな楽しみの予感になるのかもしれません。

「地宙船」が表す、地下、宇宙、未来というメッセージ、
「卵形」が表す、始まり、中心、循環というメッセージを渋谷の象徴にすることで、
世界における、渋谷という街の存在感、もっと言えば渋谷のブランド力を日常的な利用者から世界の人々に向けて発信しているのだと考えられます。


渋谷駅は副都心線の始発駅でもあり終着駅です。
ここから15の駅へ続いているのですが、渋谷駅は、その中でももっとも強い「予感」のメッセージが込められた駅といえるでしょう。

他の駅のご紹介はまた別の機会に。




  • 2008-08-29 11:56:51
  • 浴衣コレクション2008
すっかり秋めいてきましたが、今年の夏はいかがお過ごしでしたか?
花火大会やお祭りなどの行事も数多くありましたが、夏気分を一層盛り上げてくれるのが、浴衣ですね。

今年の新作浴衣は、古典回帰、着物風、シック、大人、ポップなどがキーワードだったのだそうです。そして、カラートレンドは白や紺、黒など落ち着いた色が主流でした。また、帯などでかわいらしさをほんの少しプラスするスタイルも注目されました。
デパートでも、それぞれにテーマ展開された商品がディスプレイされていましたが、実際に街ではどんな浴衣が着られていたのでしょうか?
そこで、花火大会当日の街で浴衣ウォッチングをしてきました。

*******************

調査日時…2008年度8月10日(第21回東京湾大華火祭 開催日当日)16:30〜18:00
調査場所…東京都江東区豊洲駅周辺
調査方法…浴衣姿の女性の後ろ姿を写真撮影
調査対象…浴衣を着用している女性111名
分析方法…写真による浴衣の色を、着物の地をベースカラー、着物の図と帯の色による2種類のサブカラーによる3色配色として分類。(それぞれの色が複数色になる場合、もっとも面積が大きい色を選択)12色相12トーンおよび無彩色3色を用いて目測。主に同色相を中心にして特徴的な色傾向に分類しました。
結果…以下の通り


浴衣の色合いの大部分を占めるベースカラーは、全体的な傾向として黒、白、紺、青、赤、紫、黄、ピンク、青緑、灰色系の順に多い結果になりました。
また、浴衣におけるサブカラーは、ベースカラーによって用いられる色の傾向が異なりました。
例えばベースカラーが
黒の場合→ピンク系、紫系、白系など
白の場合→ピンク系、紫系、青系、緑系など
紺の場合→青系、白系、黄系、赤系など
が多く組み合わされていました。

全体的なイメージを浴衣の色から見てみると、
黒×ピンク系、紫系、白系の組み合わせでは、艶のある豪華さが表現されているようです。
また白×ピンク系、紫系、白系の組み合わせでは、清潔さや優しさといった気品のある佇まいを表現していることがうかがえます。
紺×黄系、赤系の組み合わせでは、色相の大きく異なる配色により、きりりと引き締まった格好よさが表現されていることが多いようです。

ちなみにグラフには表れていませんが、今年のトレンドの一つである小物使いとして、兵児帯を半幅帯につけている人が111人中8人いました。
羽のようにふわふわと揺れる兵児帯は、「ロマンティック」でもあり「妖精」のようでもあり、同時に全体の中ではまだ「不思議ちゃん」でもある印象を受けますが、兵児帯は締め方が初心者でも簡単なことと、そうした独特のムードの魅力から、来年もまた注目される素材になりそうです。

*******************

浴衣が着られる現場は、新旧が混合した、雑多な世界になってきているようです。
また、浴衣の多様化によって、かつては一目瞭然だった着物との境界は曖昧になってきているとも言われます。
現代のファッショントレンドだけでなく、伝統や地域性など様々な文化的背景が内包されている和装の世界について、今後も幅広い視点で検証を続行していく予定です。

季節の移ろいを感じ取り、生活に取り入れることができる文化を大切にしていきたいですね。


浴衣2008.png

  • 2008-07-27 17:07:45
  • パッケージの色と味わいの関係
梅雨も明け、夏真っ盛りといった毎日です。
体調管理のためにもこまめに水分補給をしたいものですね。
そんなとき、手軽に飲めるのがペットボトルのお茶。
コンビニなどでも定番のお茶から季節限定商品までたくさんの種類のペットボトルのお茶を見かけます。
そこで今回は3つのカテゴリをピックアップして、お茶のパッケージの色とお茶の味の関係について見ていきたいと思います。

*******************

■調査対象:ペットボトルのお茶15商品
(緑茶系 5商品、ブレンド茶系 5商品、特定保健用食品系 5種類)
■ 調査方法:ペットボトルのお茶のパッケージの色を色相・明度・彩度に分けて測定、また、お茶の味をマグニチュード推定法を用いて測定

〈カテゴリ別ペットボトルお茶のパッケージによく使われる色相〉
1.緑茶系…黄緑・緑系
→緑茶の新鮮さ、自然なうまみ、味わい深さなどが表現されています。
2.ブレンド茶系…黄・黄緑・緑・無彩色系
→複数のお茶がブレンドされていることから、多色使いで表現されています。また、健康・美容効果に注目した商品が多いため、デザイン性が高いパッケージが多く用いられています。
3.特定保健用食品系…緑・無彩色系
→健康に関する特定の効果が期待できることを表現するために、はっきりした色が多く用いられます。また、文字による情報量が多いのも特徴です。

〈ペットボトルお茶のパッケージの明度(視覚)と濃さ(味覚)の関係〉
ペットボトルお茶のパッケージの明度(視覚)と濃さ(味覚)は類似性の度合いが強いと言えます。
多くの場合、パッケージが明るい色ほどお茶の味はさっぱりとして薄味で、反対にパッケージが暗い色ほどお茶の味は深みがあり濃い味になっています。ただし、特定保健用食品系のお茶はこれに限りません。


従って、店頭などでお茶を選ぶときに、緑茶やブレンド茶系の場合はパッケージの色の明るさが実際の味の濃さの手がかりになるようです。しかし特定保健用食品系の場合はそうならないことがあり、飲んだ後で想像していた味とは違った、とびっくりすることがあるかもしれませんね。

*******************

視覚と味覚という異なる感覚が、絶妙に重なり合いながら私たちのイメージの世界を創り上げているのでしょうね。
そうはいっても、連日の猛暑という現実。
しっかり水分を摂って、体調管理に気をつけましょう!

図1.png
図2.png

  • 2008-06-27 08:56:20
  • 「エコ」の多様性
テレビや新聞、インターネットなどでも毎日情報が流れ、ますます私たちにとって身近かな話題になっている、エコ、という言葉。
エコ活動、エコライフ、エコバッグ…
エコ〇〇と使うとき、環境と人に優しいというニュアンスで用いられているようですが、みなさんはエコについてどのように感じていますか?

財団法人日本ファッション協会と財団法人日本色彩研究所は、「エコロジカルな姿勢や生活のシンボル」として、こんな色を提案しています。

"エコ・グリーン"
10GY6.5/11(マンセル値)
   (ストロング・イエローイッシュグリーン) 
   (CMYK参考値: 70,0,80,0)

エコをうたっている商品などには緑が多く使われるため、今では何となくこのようにエコ=緑、というイメージを持つ人も少なくないのかもしれません。

しかし、生命力、癒しなどをイメージさせる自然の色を、生活の中に取り込みたいという関心は、以前から社会状況と密接な関係性において高まっていったようです。

日本では、1960年代末から70年代始めにかけて公害問題が深刻化し、反公害からの自然志向や環境保全意識が高まりを見せるようになった頃、ナチュラルカラー(自然の色)やアースカラー(地球・大地の色)と呼ばれる色が流行色になりました。
ナチュラルカラーは、主に木材や石材、天然繊維などの自然素材に見られるような白っぽい色やベージュにかけての色を指します。
アースカラーは、主に大地や土、岩、砂などに見られるような赤からオレンジ、イエローっぽい、茶色を指します。
やがて、地球環境サミットが開催されるなどした90年代に入ってからは、これらナチュラルカラーやアースカラーをエコロジーカラーとも呼ぶようになりました。
そして、エコロジーカラー(生態系や生態環境に見られる色)という語になると、自然の生態系の色として森林や、空や海の色を指して使われることも多くなり、緑や青といった色相も指すようになったのです。

現在、エコ関連の商品は青や緑など、自然が表わす色を基調としながらも、それだけにとどまらない様々なカラー展開もされてきています。
それは、「エコ」の価値も実は多様であるという証拠なのかもしれませんね。


エコ・グリーン.jpg

  • 2008-05-25 22:48:34
  • スポーツに見られる色彩の効果
2008年はオリンピックイヤー。
8月に開催を控え、日に日にオリンピックムードが高まってきていますね。
またこの季節に、スポーツで心地よい汗を流す人も増えてきたのではないでしょうか?
そこで、今回はスポーツと色彩の関係についてお話したいと思います。

さて、最近のスポーツ用品には《青》が多用されているのにお気づきでしょうか?
従来は深緑色だった卓球台や、赤茶色というイメージの強かった陸上競技用トラックや跳び箱などは《青》。
柔道着にも《青》が使われています。
サッカー日本代表チームのユニフォームも、「samurai blue」。

先月に《青》はリラックス効果があるとお話ししましたが、
どうしてスポーツにも《青》なのでしょうか。
ちょっと不思議な感じがしますよね?

実はスポーツに《青》が用いられるのは、「見やすさ」、「集中」、「イメージ」などの効果があるためと考えられます。

「見やすさ」は、スピードや正確さを争う競技ではとても重要な要素です。
一般的には赤やオレンジなどが見やすいと言われていますが、実際の見やすさは、背景となる色彩とのコントラストによってもたらされるものです。
たとえば、卓球で使うピンポン玉は黄や白が定番ですが、これらを見やすくするのは、コントラストの大きい《青》が適していると考えられます。

「集中」は、冷静な判断を必要とするスポーツに重要な要素です。
《青》が持つ鎮静作用という心理効果を利用して、落ち着きや精神統一を促します。
たとえば、陸上競技用トラックや跳び箱などに適していると考えられます。
また、エクササイズをしながら自分の心身を強く意識させるヨガやピラティスとも相性が良い色かもしれません。

「イメージ」は、競技の成績とはちょっと違いますが、スポーツを盛り上げるのに重要な要素です。
色彩はそこから連想される事物や象徴物を表しますが、そうした付加価値をスポーツに与えることによって、スポーツをよりドラマティックにさせるようです。
たとえば、サッカー日本代表チームのユニフォームに使われている《青》は、スピード感やさわやかさを表すとともに、空や海など、日本の国土を象徴する色として使われているのだそうです。
また、「samurai blue」という名前も、まさに日本人の心意気を象徴するものですよね。


スポーツに色彩の作用を上手に活かすことで、より充実したスポーツライフを送ることができそうです。


まとめ
スポーツに使われる《青》には「見やすさ」、「集中」、「イメージ」などの効果があると考えられます。


1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17
CALENDAR
<< December 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31
SEARCH
ARCHIVES
OTHERS

powered by チカッパ!ブログ