• 2010-02-28 23:59:02
  • 感覚を遊ぶ -マイケル・ジャクソン永遠の輝き 編-
昨年の夏に世界中で大きな衝撃が走りました。
マイケル・ジャクソンの急逝。
彼の歌はインターネット上でも流れ続け、今やいつでもどこでも聞ける状態にあります。
それなのに、なぜ開催間近だったワールドツアーのチケットが完売したのでしょうか?
今回は今でも輝き続けるマイケル・ジャクソンの魅力について“this is it”から見ていきたいと思います!

* * * * * *

文字とおりの「幻」となってしまったコンサート“This is it”。
私たちは残されたコンサートのメイキング映像でしか本物を想像するしかできませんが、
これを観ているとマイケル・ジャクソンがなぜ熱狂的な興奮と感動を観客に与えていたのか垣間見ることができます。

たとえば、“Human Nature”では、リハーサルを通してスタッフと、歌が創り出す余韻について試行錯誤が繰り広げられています。
そこでは、ステージ上の余計な派手さは抑え、観客の心をつかんだ「間」を探っているかのようです。
甘く透き通った声は少年のようでもあり、人生を送ってきた人間の深さを感じることができるかと思います。

“They don’t care about us” では10人のダンサーを無限に登場させるCGとその中から現れるマイケル・ジャクソンの演出。
“Smooth Criminal”や“Earth Song”などで取り入れられている歌と映像の統合。
“Thriller”のゾンビたちの特殊メイク。
20年ほど前に行われた「ライブ・イン・ブカレスト」当時から進化した視覚的な冒険が注ぎ込まれています。

また、“Jam”でのダンサーを携えてムチを振り回すようなシーンがあります。
ダンサーたちはマイケル・ジャクソンの後ろに控え、彼と一体になって踊ります。
彼らは世界中のダンサーの中から選ばれた一流の才能です。
映像ではマイケル・ジャクソンの動き、声、曲、照明、本番に起こるであろう観客の動きなどを意識しながら、その世界観を表現する最適な一瞬が収められています。

「キング・オブ・ポップ」
「パフォーマーの象徴」
「現代最高のエンターテイナーの一人」
「完全主義者」
マイケル・ジャクソンを形容する言葉は様々ですが、
それは歌という領域を超えてファンの望みや希望を叶えようとしてきた証拠ではないでしょうか?

映像からでは耳からの音、目からのステージの様子などしか十分に感じ取ることはできませんが、
そこで歌い踊る生身の人間を目の当たりできたなら、私たちはその人々と一体になり、その息遣い、汗の感触、群集の熱気の匂いを体いっぱいに感じることができたでしょう。
それは、聴覚だけにとどまらない、私たちが持っている様々な感覚をフル回転させるような経験を、感動を伴って私たちに与えてくれたということではないかと思います。

感動とはとても深く複雑なもの。
歌声を百色にも自由に操ることができ、一流のダンスを魅せる彼ですが、
感動を与えるようなコンサートはシンガー、ダンサー、プロデューサー、衣装・映像・舞台のクリエーター、そして観客がいなくては創ることができないものです。
マイケル・ジャクソンは繰り返しスタッフやファンに“I love you”と語りかけています。
それは様々な人たちの協力のもとで、しかるべき場所にしかるべきタイミングでしかるべき要素を入れ込むことで、
初めて感動を巻き起こせることだと、彼自身がよく知っているからなのではないでしょうか。

彼の目指したものは、歌を超えた人とのつながりにおける感動体験だと言えるでしょう。
それは目や耳や手や鼻や口や皮膚などから感じる個々の感覚を研ぎ澄ますことで、より近づけるものです。
しかしそれらを統合する「こころ」の豊かさなしでは、感動は得られません。
マイケル・ジャクソンの魅力とは、エンタテイメントという形をとりながら
私たちの個々の感覚を研ぎ澄ませると同時に、「こころ」にうったえかけるを感動を私たちに見せてくれるところに、あるのではないでしょうか。

* * * * * *

マイケル・ジャクソンはまさに時代を超えて輝き続けるでしょう。
この感動をいつまでも忘れずにいたいものです。

2_28.jpg

みなさんからのコメントをお待ちしています。
その他のお問い合わせ・ご連絡先はこちら:blog@klei-o.com
(件名を”From Blog Reader"にして送信をしてください。)

<<ディズニーランドの「ないない戦略」 | main | 感覚を遊ぶ –3Dと「見る」こと 編- >>
CALENDAR
<< April 2020 >>
SunMonTueWedThuFriSat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930
SEARCH
ARCHIVES
OTHERS

powered by チカッパ!ブログ