• 2010-01-25 15:01:27
  • 感覚を遊ぶ -感覚とバランス 編-
前回は感覚と心身の健康についてお話しました。
私たちは気づかないときでも、何かの刺激を求めています。
刺激がたくさんあれば、私たちは元気に過ごせるのでしょうか?

* * * * * *

もちろん、そんなことはありません。
たくさんの刺激がありすぎても、
今度は苦痛を感じたり、
ストレスに悩んでしまったりすることはよくあることだと思います。
たとえば、人混みや騒音など、
ささいな日常の中にある物理的な刺激の量が情報処理能力を越えてしまうときもまた、私たちの健やかな生活を妨げてしまいかねません。

自分が抱えきれないほどのストレスに直面してしまうと、
無表情でぼんやりとしてしまったり、
創造的でなく型にはまったふるまいをしてしまったり、
ちょっと乱暴かもしれませんが、
重圧に耐えられなくなって「機械」のようになってしまうことがあります。

刺激がなくても、刺激がありすぎても、
私たちは健やかに過ごせません。
やっぱり、適度な環境が一番いいのですよね。

そうは言っても刺激の大小は個人差が大きい問題。
ある人にはとても苦痛でも、別の人にとっては平気なこともあります。
それに、個人の中でも刺激の受け取り方はいつも一緒ではありません。
たとえば、休日にショッピングで遭遇する人の多さを
「人混み」と捉えるのか?
「にぎわい」と魅力的に感じるのか?
自分の気持ちの持ちようによって、同じことでも180°違って受け取ることがあります。

たとえば、「騒音」の問題。
人によって騒音だと感じる音の大きさは違いますし、
個人の中でも、それが好きな音楽なら大きな音でも気にならなかったり、
嫌いな音だったら小さな音でも気になったりすることがあるかと思います。
騒音は地域社会の問題のひとつですが、これは愛着という感情と関係が深いと言われています。

ものの感じ方は人それぞれ違っていますし、1人の人間の中でも常に変化しています。
そのどれもが、そのときの自分がそう感じた以上、「正しい」もの。

刺激がなさすぎたり、過剰になっていたりして
心身のバランスは崩れていませんか?

* * * * * *


感覚を遊ぶことができるような、心の余裕を保てるように、
今ものごとをどう捉えているのか、ちょっと考えてみたいものです。

まちの人混み.png

みなさんからのコメントをお待ちしています。
その他のお問い合わせ・ご連絡先はこちら:blog@klei-o.com
(件名を”From Blog Reader"にして送信をしてください。)

<<感覚を遊ぶ -一見は一触にしかず? 編- | main | 感覚を遊ぶ –感覚のない世界 編- >>
CALENDAR
<< April 2020 >>
SunMonTueWedThuFriSat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930
SEARCH
ARCHIVES
OTHERS

powered by チカッパ!ブログ