• 2008-05-04 13:31:08
  • 色を見るには?
私たちは普段、様々な物の色を目にしています。
ところで、この色とは何でしょうか?
ここでは色の基礎をお話していきます。
 
*******************

色は太陽や明かりがなければ見えないことから、色は「光」だ、と言われます。
ものが見えるためには適当な量と範囲の光が必要です。
ちょっと想像してみてください。
晴れた昼間では…物の色や形がはっきり分かるのに対して、
月も出ていない真っ暗な夜では…物の色や形はぼんやりとしか分かりませんね。
光がなければ、私たちはものを見ることができないのです。

では、この光とは何でしょうか。
光は、宇宙から降り注ぐ「電磁波」の一種といわれています。
電磁波とは、電磁場の周期的な変化が真空中や物質中を伝わる横波です。

電磁波には色々な種類があります。
波長が短いものから順番に、
●宇宙線(宇宙空間に存在する高エネルギーの放射線)
●ガンマ線(医療・工業などに利用される、物を透過する力が非常に強い放射線)
●エックス線(医療などに利用される放射線、レントゲン線)
●紫外線(太陽光中にあるが目には感じない光線、日焼けの原因)
●可視光線(肉眼で感じる電磁波)
●赤外線(空気中の透過力が大きく、写真や通信などに利用される)
●電波(赤外線以上の波長を持つもので、特に電気通信に利用される)
などがあります。
そして、私たちが光として感じることのできるのが可視光線(380〜780*nm)です。
電磁波全体からすれば、可視光線はほんの一部ですね。
しかし、そのわずかな波長の違いを、私たちは色の違いとして敏感に感じ取っています。

たとえば、
400nm付近は紫
550nm付近は緑
600nm付近は橙
700nm付近は赤
という具合です。

私たちが普段目にする多く物の色は、その物を照らしている光のどの波長部分を反射や吸収するのか?によって決まってきます。



*nm:ナノメーター(ナノは10億分の1という意味)


<<スポーツに見られる色彩の効果 | main | リンク >>
CALENDAR
<< April 2020 >>
SunMonTueWedThuFriSat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930
SEARCH
ARCHIVES
OTHERS

powered by チカッパ!ブログ