• 2009-10-11 18:29:14
  • コーヒー文化の歩き方 – コーヒーの語源編-
文明が進んでいく中で、人間が生み出した非アルコール飲料はわずか3種類なのをご存知でしょうか。
茶、ココア豆、そしてコーヒー豆のエキスです。
世界中で飲まれている3大非アルコール飲料のうちの一つ、コーヒーが作ってきた文化について、引き続き歩いていきたいと思います。

* * * * * *

■コーヒーの語源
ヨーロッパの諸言語にコーヒー、ということばが加わったのは1600年頃です。
諸説ありますが、コーヒーを意味するトルコ語の「カーヴェー」(kahveh)とアラビア語の「カーワー」(qahveh)の両方からやってきた説が有力です。
「カーワー」とは活力や力強さという意味があるように、古くから心身を元気にすることが知られていました。
他にも語源には「カウア」(kahua)、「カホウエ」(kahoue)、「カファ」(kaffa)などがありますが、コーヒーを取り入れた国々では、自分たちの発音しやすいように名付けていきました。
英語圏で、コーヒーを注文したら別のものが出てきてしまった!という体験談をときどき聞きますが、よく考えてみれば、英語のコーヒー(coffee)と日本語のコーヒー(kohi)も違いますよね。
同じものでも呼び名が違うということは一つの側面ですが、
コーヒー文化を考えるときには、それぞれの文化のバックグラウンドの違いを考えていくことが大切です。

■コーヒーが愛される理由
コーヒーは私たちの食生活と深い関わりがある飲み物です。
今やコーヒーは贅沢品から日常に欠かせない飲み物として様々な場面で飲まれています。
人々がこれほどコーヒーを好むのはなぜでしょうか?

それは、心地よい気持ちの高まりを与えること、
そして、私たちの身体機能の働きを向上させるから。

紅茶、コーヒー、ココアは心臓、神経系、腎臓にとって程よい刺激を与えます。
中でもコーヒーは、脳にとって刺激効果の高い飲み物です。

コーヒーを絶賛することばの中には、
「人間という機械にとって最も嬉しい潤滑油」
「万物の中で最も喜ばしい味」
なんていうものありますが、潤滑油とは、なかなか味わい深いことばです。
私たちの心身の働きを向上させるだけでなく、人と人との間を上手につなげてくれる働きもあるからです。

■ パートナードリンクとしてのコーヒー
コーヒーは心身にも社会の中でも身近な飲み物。
そのためか不幸も見舞われてきました。

コーヒーは初期には宗教や医学の中で歓迎されてきました。
しかし、政治上の反対や財政上の制約、不公正な税率などに遭遇し、厳しく規制された時代もあったのです。

幸福感を与えてくれたり、社会に翻弄されたり、
もはや単なる飲み物ではなく、言ってみれば私たちの生活とともにある「パートナードリンク」なのです。

* * * * * *

私たちが見聞きしているコーヒーにまつわることばは、様々な意味を含んでいます。
次回はコーヒーとお茶の関係からコーヒーの意味を歩いていきたいと思います!

コーヒーのある風景.png

みなさんからのコメントをお待ちしています。
その他のお問い合わせ・ご連絡先はこちら:blog@klei-o.com
(件名を”From Blog Reader"にして送信をしてください。)


<<コーヒー文化の歩き方 –コーヒーと日本の飲料文化編– | main | コーヒー文化の歩き方 –シドニー・名前の由来 編– >>
CALENDAR
<< April 2020 >>
SunMonTueWedThuFriSat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930
SEARCH
ARCHIVES
OTHERS

powered by チカッパ!ブログ