• 2009-07-12 21:35:27
  • 身近な地域性 -京都・鴨川と生活 編-
京都を流れる、鴨川に育まれた独特の文化。
それは今も大切に受け継がれ、現在もが生まれて続けているようです。
先週に引き続き京都の地域性を取り上げ、今週は「鴨川」の視点から見てみたいと思います。

* * * * * *

■鴨川の歴史
鴨川は京都の街を南北に貫いている川です。
鴨川は「賀茂川」、「加茂川」という漢字で記されたり、平安京の東部を流れることから古くは「東河」と呼ばれたりしていました。
また、鴨川は古くから氾濫を繰り返す川として知られていました。
鴨川の歴史は、水と人との戦いの歴史とも言えるのです。
たとえば、平安時代末期に絶大な権力を握っていた白河法皇でも、自らの意に沿わないものとして「賀茂の水」を挙げていました。
戦国時代末期に豊臣秀吉も水害を何とか抑えようとして、堤防を作ったそう。
その後も何度も河川改修事業が重ねられ、鴨川が現在のような穏やかな姿になったのは1947 年頃からなのだそうです。
京都の人々は長い戦いを経て、ついに鴨川に打ち勝ったわけですが、その分、川とともにすこやかに生きていくことを望む気持ちも強いのでしょう。
昨年、京都では京都府鴨川条例が施行されました。
これは河川環境を総合的に保護する、全国に先駆けた取り組みなのだそうです。
京都の人々の鴨川に対する思いは、今に至るまで特別なものであることがうかがえます。

■鴨川と人々の生活
現在、鴨川は人々の生活に潤い、憩い、自然などを体験することができるとても身近な場所です。
都市の中で鴨川のほとりで楽しそうに水遊びをする人々を見かけるのは地域の人以外には独特の光景に映るかもしれませんが、そんな光景の理由のひとつに、京都ならではの気候が関係していると考えられます。
京都の街は四方が山に囲まれた盆地であるため、風が通りにくく、夏は蒸し暑く、冬は寒いという特徴を持っています。
そのため、夏場は涼を求めて人は川に集まるのでしょう。
また、鴨川の夏は、川の西岸の先斗町などから川の中まで床を張り出す、「納涼床」という知恵も生み出してきました。
ほとんどのお店では壁、窓、天井、屋根なども敢えて設けないため、納涼床は非常に風通しが良いのです。
ここでお客は夕涼みをしながら料理を堪能する、というわけです。
納涼床は、京都の夏の風物詩として親しまれており、涼しいだけでなく、そこから季節を感じ、優雅に過ごす京都の人々の感性を感じることができます。
鴨川や気候といった自然条件と人々の感性がうまくとけ込んで、京都で独特の生活スタイルが育ってきたのだと言えそうですね。

■鴨川で文化を創造する
江戸時代では、鴨川の近辺では納涼床をはじめ、友禅染、歌舞伎踊り、歌など様々な文化が創造されてきました。
今もなお、鴨川と文化は切っても切り離せない関係のようです。
たとえば、鴨川と歌。
鴨川、という単語は演歌だけでなく、ポップスの歌詞の中にも度々登場してきます。
京都という特徴的な地域を鴨川が象徴することができるほど、他の河川よりも大きな意味を持っているのでしょう。
また、鴨川という場所が象徴するのは京都だけではありません。
ポップスや演歌に出てくるときは、恋愛の象徴として用いられていると言われています。
これは現代に始まったことではなく、なんと平安時代まで遡ることができるのだとか。
古くから鴨川は人々に豊かなインスピレーションを与えてきたのですね。

■ 鴨川と文明の起源
世界四大文明に共通するように、人類の文明の歴史をさかのぼると、そこにはいつも豊富な水をたたえる河川が近くにありました。
それに、温かな気候と大きく広がった土地も挙げられます。
水や川の存在は、人類に安定的な食料を提供してくれるだけではなく、そこに集う人々の活発な交流が行われる拠点になりました。
そうした中で、人々は川を慕い、敬う気持ちが育まれていったのです。
河川への特別な思いは、周辺の地域の名前として、神話のエピソードの一部として、川自体が信仰の対象として見出すことができるでしょう。

* * * * * *

川とともに生きてきた人間の生活から見えてくる共通点…
現代の京都の街に流れる鴨川と,いにしえの文明の起源…
水や川の存在が自然のお守りとしていつもそばにいて、人々の営みを育んでくれるのでしょう。

納涼床.jpg

みなさんからのコメントをお待ちしています。
その他のお問い合わせ・ご連絡先はこちら:blog@klei-o.com
(件名を”From Blog Reader"にして送信をしてください。)

<< 身近な地域性 -東海道・ご当地名物 編- | main | 身近な地域性 -京都・しきたり観 編- >>
CALENDAR
<< July 2019 >>
SunMonTueWedThuFriSat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031
SEARCH
ARCHIVES
OTHERS

powered by チカッパ!ブログ