• 2009-03-15 08:24:23
  • 春の正体
暖かい日も多くなり、春の気配を感じる今日この頃。
そんな季節の変わり目でみなさんは、どんなときに、どんな場面で「春」を感じていますか?
ふわっ…と感じる現代の春の正体のかけらを集めてみました。

*******************

■自然現象
・ 動植物(草花、樹木、昆虫、鳥)
・ 風(春一番、黄砂)
・ 温度・光(日の長さ、陽気、日差し)など


私たちは自然のちょっとした変化に四季を感じることができる感性を持っています。草花の様子、昆虫の出現、鳥の声、風の吹き具合、日の光の強さなど…
現代はこうしたものを通勤、通学、いつも歩いている駅から自宅までの道、庭やベランダといった身近な場所からふと見つけることが多いようですが、このような変化をいち早く見つけるのは、四季とともに生きてきた日本人特有の感覚なのかもしれません。
男性に比べて女性の方が、花が咲くことによって春を感じやすいそうですが、桜は男女問わず春の象徴として特別な存在のようです。
また、風や温度など五感に触れる自然の変化もあげられ、いつもと変らない日常生活の中で、ちょっとした違いに気づくこともあります。
自然現象で春を見つける喜びとは、そうした違いに気付く感性の遊びのよう。
誰よりも早く、姿を現す前の「春の気配」を自分の感覚が確信するという経験が、何かトクをしたような気分にさせるのかもしれませんね。

■社会的行事
・ 入学式
・ 卒業式
・ 人事異動・クラス替え など


春は出逢いと別れの季節とも言われます。
確かに3月や4月は入学式、卒業式、人事異動・クラス替えなどが行われる時期が集中しています。
そもそもこれは、年度という1年の区切りによって起こっているもの。
これは会計など事務作業を目的としたものが中心で、その多くは政府機関や業界団体等によって決定されています。
日本では、会計年度や学校年度が4月1日に始まり、翌年3月31日に終わるために、必然的にその時期が変化の時期になるわけです。
こうした行事自体は事務的な手続きなのかもしれませんが、七五三や還暦祝いなどの明確な通過儀礼への意識とどこか似た、「大人への成長」のための節目の時期ととらえることも少なくないようです。

■身体的変化
・活動的になる(新しい恋)
・ 眠くなる
・ 花粉症 など


春は身体的にも様々な変化をもたらします。
たとえば、多くの動物にとって春は恋の季節!
植物も含め、生物は冬モードから活動的になる春モードへの切り替え機能を持っていますが、そのきっかけは昼間の日の長さであることが明らかになっています。
春の気候の変化は、甲状腺という臓器に作用してホルモンを分泌させ、脳の視床下部に「春」の情報を伝達して代謝や成長を制御しているそうです。
「春」の情報とは自然界に「食べ物が増える」ということ。食べ物が豊富になる季節に出産すれば、子どもが飢えずに済みます。
それにしても、新しい命につながる恋をするというのはとてもエネルギーがいること…。
春は人を活動的にさせ、やる気にさせる特別なパワーを持っているようです。
一方で、「春眠暁を覚えず」の言葉通り、春は眠くなる季節でもあります。
これは冬と春にはメラトニンという眠気を誘うホルモンが盛んに分泌されるためだと考えられています。
季節によって睡眠時間が違ってくることは体験があると思いますが、
睡眠時間は夏がもっとも短く、冬がもっとも長く、睡眠時間の増加は春まで続きます。
季節による睡眠時間は夏より冬のほうが30分~1時間が長くなると言われています。
春はメラトニンの分泌量が多いことと暖かい気候が相乗効果となって眠さが増すのです。
そして、花粉症が気になり始めるなど、体の変化や症状から春をいち早くキャッチできるのは、現代人の特徴(悩み?)のひとつと言えそうです。
アスファルトが多く、大気が汚れている都市ならではの新たな春の風物詩なのかもしれません。

■ファッション
・袴姿、新品の制服・スーツ
・衣料品・化粧品の色 など


春ものの装いを目にすると春を感じることも少なくないようです。
卒業式の袴姿や真新しい制服やスーツ姿など、普段とはちょっと違うファッションを見かけたり着たりするこの時期。
他にも、ブーツからパンプスに履き替えたり、パンツからスカートの気分になったりと全体的に軽やかな服装へと変わります。
そんなときに、より目に鮮やかなのは春らしい色使い。
春を感じる色として、空気の柔らかさや花をイメージする「ピンク」「桃色」「桜色」が多くあげられますが、私たちには春に対する共通の色彩感覚を持っていることがうかがえます。
口紅の色の違いに敏感なように、女性にとってとくにピンク系の色の違いには豊かな感性を持っているもの。
薄い、濃い、淡い、鮮やか、艶やか、柔らか、上品、初々しさ、しっとりさ…といった色の違いを感じ、おしゃれに取り入れることができるのは春ならではの楽しみのひとつでしょう。
また、初々しさ、若々しさを感じさせる「白」「黄」や植物の生命、息吹を感じさせる「緑」「黄緑」「若草色」も周りの環境に調和する色合いになっていくため、ファッションにも積極的に使われるようになります。
草木が花によって彩られるように、人の装いも同調していく側面があるのでしょう。

■商品
・ 旬の食材
・ 春をテーマにした音楽 など


スーパーの食品フロアから春の訪れを実感する人も多いのではないでしょうか。
たとえば、ふきのとうや筍、春キャベツ、新じゃがいもや新たまねぎなど、新ものが豊富に出回る時期でもあります。
また、デパ地下では、桜餅、イチゴのケーキ…といった春限定スイーツが多数発売されるなど、とくに女性にとっては嬉しい季節かもしれません。
商品の変化から春を感じるのは、やはり男性よりも女性の方が敏感なようです。
春の僅か数週間しか食べられないという旬の食材の数や地域差も以前に比べて少なくはなってきましたが、その分「限定」という価値がますます貴重なものになってきたように感じられます。
また、春を(多くは桜にちなんでいます)テーマにした音楽もあちらこちらで聞くようになる機会もぐっと増えます。
ラジオやテレビはもちろん、ショッピングセンターなどたくさんの人が集まる場所でも流れているので、むしろ音楽から季節を知る人が多くなってきているのかもしれません。

■ テレビの番組・話題
・ 桜の開花予想
・ ドラマなどの新番組
・ スポーツ番組 な


周囲で花見の話題が出始めると、もうそこまで春が来ているのだと感じる人が多いようです。
ある一定期間、どのテレビ局のニュースでも桜の実況中継や話題が流れるというのも世界では珍しいこと。
また、ドラマなどの新番組やニュースキャスターが交替し、場案組の新編成がスタートするのもこの時期です。
そして、男性にとっては実は野球などスポーツに関連した話題によって春を感じることが多いのでは?
「球春」ということばがあるように、プロ野球の開幕、春のセンバツ高校野球大会などは春を告げる始まりの合図なのかもしれません。

いかがでしょうか?
春の正体のかけらを集めてみると、五感全体から感じ取っているものだということがわかります。
そしてその上で、日本人が古くから親しんできた「花鳥風月」のこころが現代にも受け継がれてきているようすが見えてきます。
四季とりどりの花や、鳥のさえずり、清らかな風、冴えわたる月…天地自然の美しい景色を表すことばです。
「花鳥風月」の語には、美しい自然だけでなく、それを鑑賞したり、詩歌を作ったりする風流に親しむという意味合いもあります。

*******************

ちょっぴりトクした気分になったり、
成長を実感したり、
エネルギーをもらったり、
自分自身をファッションで表現したり、
春ならではのさまざまな音(音楽)に耳を傾けたり、
旬の食材を使ってお料理したり、
うきうきした気持ちになったり、
春を五感を意識して体験してみると、もっと新しい自分を出会えるのかもしれません!


春.jpg

みなさんからのコメントをお待ちしています。
その他のお問い合わせ・ご連絡先はこちら:blog@klei-o.com
(件名を”From Blog Reader"にして送信をしてください。)


<< 春の香りを聞く | main | 「さもしい」発言の本心? >>
CALENDAR
<< April 2020 >>
SunMonTueWedThuFriSat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930
SEARCH
ARCHIVES
OTHERS

powered by チカッパ!ブログ