• 2009-02-08 21:56:43
  • とろける和と洋…抹茶チョコレートのヒミツ
バレンタインデーももう間近に迫ってきましたが、いかがお過ごしでしょうか?
今年もデパートの特設フロアには世界各地の有名ショコラティエによるチョコレートが所狭しと並んでいますが、和をテーマにしたチョコレート、「和チョコ」コーナーも大勢のお客で賑わっています。
その和チョコの中でもひときわ目立っているのが緑の「抹茶チョコレート」。
入念に品定め、味比べをしてから、まとめ買いしていく女性客の姿も多く見られました。
今回はそんな和チョコ、抹茶チョコレートの秘密をレポートします。

今でこそ抹茶チョコレートは市民権を得ていますが、日本の食材である抹茶と、チョコレートという異素材の組み合わせというのは、考えてみれば大胆な発想だと思いませんか?
この抹茶チョコレート、一体いつ頃に誕生したのでしょう?
そして、どうして抹茶とチョコレートがこんなに合うのでしょう?

街のチョコレートショップやお茶屋さんなどで抹茶チョコレートが売り出されるようになったのは、全国的に今から20年くらい前からのようですが、
その元祖的存在はおそらくその5年前に横浜で誕生していたようです。
元祖抹茶チョコレートは、凹凸のついた俵型のトリュフです。
その元祖が2年後、京都の洋菓子店の依頼によって「京都らしいチョコレート」として抹茶チョコレートを新たに開発・発売したことが、「和チョコ 抹茶チョコレート」を全国的に広めるきっかけになったようです。

抹茶チョコレートが全国の様々なところで作られるようになっても、
ほとんど共通している大原則があります。
それは抹茶チョコレートには、ホワイトチョコレートを使うということ。
いわゆる「チョコレート色」のもとであるカカオマスが入っていると、カカオマス独特の苦味や渋味が、抹茶の風味を消してしまうからです。
そこで、抹茶チョコレートの材料にはカカオマスが入っておらず、甘味を強く感じるホワイトチョコレートが多く選ばれます。
クセが少なく甘味の強いホワイトチョコレートが苦味のある抹茶と組合わさることで、ホワイトチョコレートの甘味が緩和されるとともに、苦味もまろやかになり、お互いが味を引き立て合うことができるのです。
抹茶とチョコレートの関係は、最適な相性の上で成立しているのですね。

また、抹茶はホワイトチョコレートに混ぜこめば緑が鮮やかに映え、まぶせば白と緑のコントラストが美しいのも魅力のひとつです。
さらに、抹茶チョコレートが「京都生まれである」ことが、抹茶チョコレートと和のイメージが一層強いつながりを与えるのでしょう。

柚子や胡麻、山葵など和の素材を使って作った「和チョコ」が今年もチョコレートコーナーを賑わせていますが、「和チョコ」という新ジャンルが成立したのは、抹茶チョコレートのヒットがあったからなのではと、思わずにはいられません。

味覚にも視覚にも心地よく、そしてイメージの世界でも見事に調和した抹茶チョコレート。
とろけるような和と洋の融合…今年のチョコレートの候補に考えてみてはいかが?


抹茶チョコレート.jpg

みなさんからのコメントをお待ちしています。
その他のお問い合わせ・ご連絡先はこちら:blog@klei-o.com
(件名を”From Blog Reader"にして送信をしてください。)

<< ウイスキー×チョコレートの相性って? | main | 恵方巻でもっとハッピーに! >>
CALENDAR
<< April 2020 >>
SunMonTueWedThuFriSat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930
SEARCH
ARCHIVES
OTHERS

powered by チカッパ!ブログ