• 2009-01-04 23:59:34
  • 彩りのおせち料理
あけましておめでとうございます。
本年もブログ「KLEIOの五感ブランディング」をよろしくお願いいたします。

みなさんはどのようなお正月を過ごされたのでしょうか?
さて、今年最初の話題は「おせち料理」です。

おせちは、お節、つまり節の日の食べ物を指します。
それは正月が1年間の5節句のなかでもっとも重要なため、神に供える節の日の食べ物としてとくに大切な食べ物と考えられてきたからです。
おせち料理に欠かせないものに、田作(ごまめ)、黒豆、数の子などがあります。
田作は、豊作の願いが込められており、黒豆はまめまめしく働けるようにと掛け言葉になっており、数の子は子だくさんに恵まれるように祈願したものというように、それぞれの食材には祈りが隠されています。
色彩から見てみると、おせち料理には陰陽五行説による色彩感が意識されているようです。
陰陽五行説とは古代中国で考えられた思想で、天文学に由来すると言われています。
そこでは、太陽と月、火と水に対比させた南と北の方位は、赤と黒、東と西は青と白、そして中央を黄という色と結びつけて世界を表現しています。
すなわち五色とは森羅万象を表しているのですがおせち料理を見てみると、
たとえば
数の子、卵巻き、きんとん…黄
ノリ、飾り葉…緑(青)
海老、人参、干し柿…赤
豆腐、大根、蒲鉾…白
黒豆、昆布…黒
などを見つけることができます。
重箱のおせち料理には、豊作や子孫繁栄の祈りと、色彩で表された森羅万象が美しく詰められている…なんて考えると、年の始めにおせち料理をいただくということがとても大切な行為のように思えてなりません。

最近の家族形態は少人数化していて、おせち料理を食べる人数も減り、食べる量も少なくなる傾向にあります。
スーパー、デパート、料亭などでおせち料理を購入するのも珍しくありませんが、心のこもった手作りの「我が家の惣菜」も加えて、今年1年の家族の幸せを願いたいものですね。



おせち料理.jpg

みなさんからのコメントをお待ちしています。
その他のお問い合わせ・ご連絡先はこちら:blog@klei-o.com
(件名を”From Blog Reader"にして送信をしてください。)

<<うるうる、ぷりり、しっとり…リップクリームの方程式 | main | 2009年のごあいさつ >>
CALENDAR
<< April 2020 >>
SunMonTueWedThuFriSat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930
SEARCH
ARCHIVES
OTHERS

powered by チカッパ!ブログ